にしかわ逍遥堂

堺市東区 鍼灸院 にしかわ逍遙堂(しょうようどう)

人が持つ本来の力を取り戻す

HOME»  ごあいさつ

ごあいさつ

鍼灸師 西川建

人が持つ本来の力を取り戻す

鍼灸師、西川 建(にしかわ たつる)と申します。
あなたは東洋医学や鍼灸施術にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「本当に効くの?」「うさんくさい?」「痛そう?」
今では、大きな病院でも東洋医学研究室が設置される等、広く認められつつあります。

例えば、腰が痛くなったとします。
病院へ行くと大抵は鎮痛薬など処方箋が出され、場合よってはブロック注射を行い痛みをなくそうとします。痛みの原因を「治す」では無く「感じなくさせる」 これは「警報がうるさいから止めてしまえ」という事と同じではないでしょうか。では、東洋医学的にはどうでしょうか。今現在の痛みだけに注目するのではなく、今までの積み重ねを「望(見る)」「聞(聞く・嗅ぐ)」「問(問診)」「切(触れる)」の四診により状態を把握していきます。

原因はどこか、外からのものか中からのものか、それとも合わさったものなのかを見分けます。一見同じような腰痛でも、人により多種多様な原因と経過があるので、その一部分だけではなくその方の全身を総合的に把握し、症状を見極め、出ている症状だけではなく根本にある原因に対処してゆこうとします。全く関係がなさそうであっても、その症が同じであれば同じアプローチを行い、全身の回復を高めるようつとめます。

ストレス社会とまでいわれる現段階は、「いつも疲れている」「病院ではどこも異常はないといわれたが調子が悪い」「自律神経、ストレスと診断された」などどうする事もできない方が多い現状です。人の体は繊細で、日々の習慣やクセ、ストレス等が重なって生じるひずみによって調子を崩してしまいます。東洋医学では、こういった心身のひずみ・不調を整える事にアプローチしたものです。

西洋医学が東洋医学を取り入れ始めたという事は、西洋医学自身が限界を感じてきたからではないでしょうか。東洋医学には「未病(みびょう)」という言葉があり、「未病を治す」という「病になる前の状態」から不調を起こす前に心身のバランスを整えてやんだ状態にならないようにする理念があります。私もその理念に基づき、針灸師として皆さまのお役に立てばと願っています。症状やひずみは各人で異なります。

当院では初診時、場合に応じて随時望聞問切の「四診」により心身の状態を把握し、その方に合った適切な施術を行ってゆきます。
まずは身構えず、お気軽にご相談ください。

 

にしかわ逍遥堂

 
 
9:00~12:00
12:00~16:00
16:00~19:00

※日曜日は9:00~14:00の診療になります。祝日は休診いたします。
その他、ご相談にも可能な限り応じますのでお問合せ下さい。 TEL 072-285-6155